「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に初めて認定されました

健康経営優良法人認定制度とは

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

メリット

従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、社会的な評価や企業のイメージアップに繋がり、優秀な人材の確保により生産性の向上が期待できます。

当社の取り組み

メッセージ

・社内:健康経営の推進を経営方針において明文化
・社外:健康経営の推進を会社案内・ホームページでアピール

働き方

・連続休暇となるような有給休暇取得促進日の設定
・長時間労働の削減

健康

・禁煙対策(禁煙時間の設定)
・感染症予防対策(社員及び家族のインフルエンザ予防接種の全額会社補助)
・定期健康診断受診率が100%
・ストレスチェック受診率が100%
・婦人科検診への補助

スポーツ

・ヘルスウォーキングの実施
・スポーツクラブとの提携・利用補助

コミュニケーション

・社内コミュニケーション活性化のための職場環境整備
(リフレッシュコーナーの設置・フリーアドレスオフィスの導入など)
・コミュニケーション活性化のため、文体活動への金銭的支援

引き続き、社員の活力向上や生産性の向上を目指す働き方改革の推進を通じ、健康経営に力を入れますので、社員の皆さんもご協力をお願いいたします。