ワークスタイル

当社では、多様化する働き方や社員一人ひとりの個性を大切に、すべての社員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できるよう、さまざまな取り組みを実施しています。

働き続けやすい職場環境づくり

時間外勤務の削減

有給休暇の取得推進

女性の活躍を推進

柔軟な勤務形態

在宅勤務

柔軟な働き方のひとつとして在宅勤務を導入しています。育児・介護と仕事の両立といったワーク・ライフ・バランスの実現はもとより、通勤によるストレスや時間を削減することで、生産性の向上や業務の効率化などにつなげます。
また、新型コロナウイルスの感染予防と社会経済活動との両立のため、通勤時の感染リスクや3密を回避することを目的に、全社員の在宅勤務率の目標を40%と定め、在宅勤務の推進・奨励に取り組みます。
加えて、月80%以上の在宅勤務を継続した社員には奨励金を支給します。

出社時間選択制

経営方針として掲げている働き方改革の推進によるワーク・ライフ・バランスの向上を目指すため、基本となる所定就業時間(8:30~17:30)以外に選択できる勤務時間帯を設け、社員の多様な働き方を推進します。

健康経営への取り組み

自転車及び徒歩通勤

健康経営の一環として、自転車及び徒歩による通勤を推奨しています。自転車や徒歩による通勤は、健康の増進やダイエットだけではなく、ストレスの発散にも効果が期待できます。通勤時間を有意義に活用することで、心身両面の健康向上を図ります。

エブリ ・キャリアアップ・ プログラム -学びと成長を続けるしくみ-

入社前から若手に対しては手厚くフォロー。業務やキャリアに応じた研修を実施し、専門性を高めながら、社会変化に順応できる柔軟な人材を育成します。また、自身のライフ・イベントや働き方の多様性に応じて、昇格ペースを選択できる独自の制度「エブリ・キャリアアップ・プログラム -学びと成長を続けるしくみ-」を導入し、社員の学びと成長をサポートします。