2017年1月31日(火)

2016年12月より、学校の給食の献立に、アレルギー品目が含まれていることを通知する「給食アレルギーアラーム」サービスの提供を開始しました。

 https://allergy-alarm.every365.jp/

 「給食アレルギーアラーム」アプリは、献立表を共有する学校の教職員のグループ、保護者のグループや家族での利用が可能です。事前に登録したアレルギー品目が学校等の給食の献立に含まれていることを、前日または当日の朝、スマートフォンにアラーム通知します。万が一、献立表を見逃してしまった日でもスマートフォンからのアラーム通知で、給食の献立にアレルギー品目が含まれていることを警告します。「給食アレルギーアラーム」システムは、一人のユーザーが献立表データを登録することで、グループのユーザー全員で献立表データを共同で利用することができます。

サンプル画面

 平成16年の文部科学省調査では、食物アレルギーの有病率は小学生2.8%、アナフィラキシーは0.15%になっています。文部科学省は「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」を発行し、学校給食における食物アレルギー等を有する児童生徒への対応について、レベル1からレベル4までを設定しており、本アプリは、このレベル1~3の対応を補助するものです。学校給食の献立表は1ヵ月分の献立を紙で配布されるのが一般的ですが、献立表には材料となる食品が詳細に書かれており、情報量が多く文字も小さいために読み落としの危険性もあります。アプリに事前に対象となるアレルギー品目を登録しておき、前日又は当日の朝にプッシュ通知でアラームを受け取ることによって、献立表の確認を促すものです。

なお、サービスは、 事前にグループアカウントの申し込みが必要です。アカウントが配付された後、管理者用の画面(PC)から献立表を登録し、ストア(AppStore,GooglePlay)からアプリをダウンロードし、グループアカウントを設定すれば、無料で利用を開始できます。

<エブリ株式会社について>
エブリ株式会社は、大阪に本社を構えるシステムインテグレーターであるNCS&A株式会社のグループ会社です。1983 年設立以来ソフトウェア開発からコンピューターの保守など顧客企業のIT 運用に関わる様々なサービスを提供してきました。1995 年から始めた顧客企業向けのW EBサイト構築サービスでのW EBのノウハウを蓄積し、3 年前にスマートフォン用アプリ『エブリAPPシリーズ』を提供開始しました。そして2016 年、社内に蓄積された技術とノウハウを活かして社会に貢献したいという思いから、食品アレルギー体質の子どもを持つ保護者の方や教職員の方に向けて「アレルギーアラーム」アプリを開発し、12 月から無料版の提供を開始しました。



【本件に関するお問い合わせ先】
エブリ株式会社
第二事業部 WEBデザイン課
Tel:06-6963-7703