2015年8月12日(水)

商業施設新聞にて、京阪百貨店守口店様に導入頂いたセントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」を
ご紹介頂きました

発行所:(株)産業タイムズ
発効日:商業施設新聞 平成27年(2015年)8月11日(火曜日) 第2105号
※WEBサイトに掲載している記事は(株)産業タイムズより許可を頂いております。

京阪百貨店守口店(大阪府守口市)は、㈱長谷川電気工業所(新潟県村上市坂町1760-1 0254-62-3161)が開発したセントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」を4月30日から稼働しており、導入後薬1ヵ月で前年比約70%の電力削減を達成した。同店は環境問題に積極的に取り組んでおり、同システムを導入する前からすでに省エネ対策を行ってきたが、エコ・ビジョンを採用し、一層の削減を実現した。今後1年を通して稼働することで、さらなる電力の削減に加え、CO2の排出量を最小限に抑える。セントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」は、長谷川電気工業所が開発し、エブリ㈱が販売を行っており、大型商業施設をはじめ、各種大型施設の空調設備で月刊電力量の98.3%(月間最高)を目指している。同システムは、高性能インバーターと制御盤を空調の冷温水ポンプに取り付け、水温と圧力データなどをコンピュータに取り入れてコントロールする仕組み。さらに、VPN管理で遠方監視にとるリアルタイム監視が出来、高い削減率を実現している。同システムは425病床規模の病院で年間50万7364kWhの消費電力を削減、780万円の費用削減となったほか、200客室規模のシティホテルでは年間37万1212kWhの消費電力を削減、CO2は206tの削減を実現するなどの導入実績があるm年間売り上げ目標は1億円。 京阪百貨店守口店(大阪府守口市)は、㈱長谷川電気工業所(新潟県村上市坂町1760-1 0254-62-3161)が開発したセントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」を4月30日から稼働しており、導入後薬1ヵ月で前年比約70%の電力削減を達成した。同店は環境問題に積極的に取り組んでおり、同システムを導入する前からすでに省エネ対策を行ってきたが、エコ・ビジョンを採用し、一層の削減を実現した。今後1年を通して稼働することで、さらなる電力の削減に加え、CO2の排出量を最小限に抑える。セントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」は、長谷川電気工業所が開発し、エブリ㈱が販売を行っており、大型商業施設をはじめ、各種大型施設の空調設備で月刊電力量の98.3%(月間最高)を目指している。同システムは、高性能インバーターと制御盤を空調の冷温水ポンプに取り付け、水温と圧力データなどをコンピュータに取り入れてコントロールする仕組み。さらに、VPN管理で遠方監視にとるリアルタイム監視が出来、高い削減率を実現している。同システムは425病床規模の病院で年間50万7364kWhの消費電力を削減、780万円の費用削減となったほか、200客室規模のシティホテルでは年間37万1212kWhの消費電力を削減、CO2は206tの削減を実現するなどの導入実績があるm年間売り上げ目標は1億円。

京阪百貨店守口店様に「エコ・ビジョン」を導入いただきました

【本件に関するお問い合わせ先】
エブリ株式会社
第一事業部 環境エコグループ
Tel:06-6963-4640
E-mail:eco@every365.co.jp